中古マンションをリフォームして自分の城を完成させよう

音楽を楽しめる部屋

換気扇と婦人

住宅を防音仕様にすることを望む人は増えています。都会などの人口密度が高い地域では、ご近所さんとの住宅の距離が近いことが良くあります。またマンションなどであれば上下左右の隣人に気を使わなければなりません。そうなると音楽を趣味にしている人にとっては、大変窮屈な生活を強いられることになります。音楽鑑賞や、楽器演奏を思う存分楽しみたいなら住宅の防音リフォームを行なってみましょう。

防音部屋にリフォームしたいのであれば、技術力のあるリフォーム業者を選ぶことが重要です。防音部屋にリフォームする際には、以下のポイントを考慮してリフォーム工事をしてくれる業者かどうかを確認しておきましょう。まず1つめのポイントは遮音性に優れている部屋かどうかです。遮音性に優れているというのは、空気が漏れない部屋ということです。そもそも音が伝わるためには空気音と個体音の存在を知らなくてはいけません。空気音は空気で伝わる音で、個体音は床や壁を通じて伝わる音になります。防音するためには、この2種類の音を遮音する必要があります。

次に大切なのが吸音性です。防音室では遮音性とともに吸音性も兼ね備えていなければなりません。外部に音が漏れないだけだと、防音室内で音楽を流した際に音が反響してしまいます。吸音性を高める方法は各リフォーム会社が行なう工事の内容によって変わりますが、音を吸収する素材を壁に使用するという方法が一般的です。基本的にこの2つを押さえておけば、防音室として問題はありません。あとはリフォーム時に使用する素材の種類や、デザイン性、費用などを考慮したうえで最高のリフォームを行ないましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加